2012年02月12日

炭焼き小屋の雪下ろし

新保町の炭焼き小屋。
荒木師匠(どこかで聞いた名前?)が20年前に建てた。
サラリーマンだった師匠が、定年後に一念発起して、建てた。
だが、寄る年波に勝てず、ついに炭焼きを廃業。

昨年秋、登り窯の屋根を解体し、平地の作業場だけの小屋に改造し、譲り受けた。

荒木師匠から電話がかかってきた。
屋根雪を下ろさないと危険だという。

午前中は、朝市楽しんぼのパンフ作成で地元有力者インタビューを予定していたので、
作業は午後からになる。

朝9時半、すでに荒木師匠は奥さんと右側屋根の雪下ろしを始めていたので、少し手伝った。
IMG_0120.JPG


小屋に出入りができなくなっているので入口付近の雪をかく。
正面でも2m近く積もっている。
NEC_0256.JPG

左側屋根に取り掛かる。
ちょうど屋根の軒先の高さまで雪に埋もれているので、屋根に上るのが全然怖くない。

軒先の高さは約2mほどあるから、雪の深さが2mということだろう。
NEC_0257.JPG

荒木師匠からかんじきを借りて履いてみた。
これなら新雪の上を歩いてもごぼっと入ることはない。
これはいい、欲しくなった。
師匠は見よう見まねで作ったのだそうだ。

この80歳の老人には、生きる知恵がたっぷり詰まっている。
NEC_0258.JPG


屋根雪はとても重たい。
プラスチックのスコップはおれそうで使えない。
スノーダンプもプラスティックのものは、割れそうで使えない。
荒木師匠はブリキ製のものを持っていた。
それでも、容易には崩せないので、アルミのスコップが必要となる。
NEC_0259.JPG

頂上まで届くと気持ちがいいものだ。
次の予定があるため、3時半には出なければならないが、
この調子なら半分まではいけそうだ。
IMG_0121.JPG


ほぼ半分まで下ろすことができた。
残りは月曜日に下ろす予定。

午前中、奥さんがしみじみとおっしゃっていた。
「雪があると余計なことせんならんね」
このご夫婦は夫唱婦随でいつも一緒に作業をされている。
見習いたいものだ。
IMG_0122.JPG

posted by 39アース at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/53861046
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック